サプリメント

健康食品で始める節々ケア~変形性膝関節症にはサプリメントから~

年をとってくると現れる

シニア

変形性膝関節症は、50代を過ぎると関節の痛みなどの症状が現れてきますので、注意が必要でしょう。さらに変形してしまいますと、歩くこと等も支障が出てきますので、早めに対処することが重要となってくるでしょう。

詳しくはこちら

身体に効く商品

ジョギング

膝の痛みがある場合、安静を保ちすぎると却って症状が悪化してまうことがあります。今後はこのような膝の痛みがある時でも、状態を見ながら適度な運動をすることが求められるでしょう。サプリメントを利用すれば、患部にかかる負荷を軽減することが可能です。

詳しくはこちら

植物由来のもの

薬

関節の痛みにはグルコサミンを摂取すると良いでしょう。たくさんの商品が出ていますが、健康家族のグルコサミンは植物生まれなので、安心して摂取することができます。またグルコサミン以外にもコンドロイチンも配合されていて、効果に期待ができます。

詳しくはこちら

筋力増強に青魚

シニア

必要となる栄養素

日本人の高齢者のあいだで、最近増えるようになった疾患の一つが、変形性膝関節症です。変形性膝関節症は、進行性の疾患ですから、いったん進行すると、元の状態にはあまり戻りません。そのため、いかに進行を防ぐのかが、変形性膝関節症の大きなポイントになるのです。変形性膝関節症の進行を防ぐためには、いくつかの方法が存在します。その原則となることは、関節への負荷を減らすということです。その点で、とても重視されているのが、膝の周囲の筋力を増強することです。筋力を増強するためには、それに必要となる栄養素を摂取しなければなりません。したがって、今後は変形性膝関節症で、タンパク質の摂取が積極的に行われると予測されます。

青魚の摂取が人気です

タンパク質を多く含む食品のうち、日本人が昔からよく食べてきたのが魚類です。日本は、周囲を海に囲まれていますし、海流が魚類を多く導いてくれるところに位置しています。そうした魚類のなかでも、日本人がよく食べてきたのが、アジやイワシといった青魚です。アジやイワシは、回遊量の多い魚で、海岸からでも容易に捕獲できる魚です。そのため、日本人はこうした魚を、積極的に食べてきた歴史があります。また、単にタンパク質が豊富なだけではなくて、この青魚に特有な脂分は、認知症にも効果があると言われている成分です。また青魚に含まれるEPAやDHAなどの成分は、関節の痛みにも効果があるのではないかと言われています。まだ研究段階ではありますが、実際に改善が確認された例もあるので、期待値は高いと言えるでしょう。内臓脂肪や血管に関して別の症状を抱えている方は、こちらの成分を摂取してみることをお勧めします。幸い青魚由来の成分はサプリメント等が豊富に販売されているので、気軽に利用できるでしょう。

Copyright© 2015 健康食品で始める節々ケア~変形性膝関節症にはサプリメントから~All Rights Reserved.